【悲報】ヒストリア・レイスさん、エレンのじならし計画を知ってたのに調査兵団に伝えなかった模様

漫画・アニメ
amazon 進撃の巨人 33巻
よくよく考えたらこいつ戦犯では?

コメント

1001: サブカル速報

世界一悪い子やからな

3: サブカル速報
>>3
ほんまに悪い子で草
人類の敵やで

6: サブカル速報
虐殺で得た未来で胸を張って居きられるんか?

4: サブカル速報
でも女神やん

7: サブカル速報
止めようとしてる調査兵団が戦犯に決まってるだろ

8: サブカル速報
調査兵団が頭おかしいだけで壁内人類の過半数は地ならし肯定派やろ

9: サブカル速報
>>9
ハンジ団長「それでも虐殺はダメに決まってる!」

これは人類の英雄

13: サブカル速報
>>9
黙ってたら殺されるしな
マーレ相手にだけ戦争しかけるってのも手だけど中途半端にヤバさを世界に知らしめるだけだし

61: サブカル速報
でもエレンは惚れてるからヒストリアを犠牲にできないじゃん

10: サブカル速報
エレンはヒストリアの為に罪を被ってるのに、そんなエレンを裏切れないやろ
エレンとヒストリアは運命共同体や

18: サブカル速報
脅威だから滅ぼすならマーレの悪行も肯定せなあかんな

19: サブカル速報
>>19
2000年前の悪魔のせいな

24: サブカル速報
>>19
これなぁ

25: サブカル速報
>>25
2000年前エルディア人がマーレにしたこと忘れたの?

29: サブカル速報
ヒストリアがゆるされる理由=可愛い金髪だから
アニがゆるされる理由=可愛い金髪だから

21: サブカル速報
全部ライナーが悪いんだよ

27: サブカル速報
>>27
ライナーは虐殺を止めようとしてる英雄だけど?

30: サブカル速報
>>27
ぶっちゃけライナーら4人が来なければ
何も起きずに終わってたんだよな

52: サブカル速報
ラスボスがムカデでええんか?

28: サブカル速報
超悪い子やからな

32: サブカル速報
ライナー「今なら俺もエレンの気持ちがわかる」

ライナー「俺もクリスタのことが好きだからだ」

35: サブカル速報
結局父親はエレンなんかな

36: サブカル速報
ライナーってクリスタ妊娠してるの知ってるんやっけ?

39: サブカル速報
>>39
知らない

43: サブカル速報
ヒストリアパッパかわいそう🥺

41: サブカル速報
>>41
ケニー「こいつの行動は全部保身の為だぞ」

44: サブカル速報
お前胸はって生きろよ

47: サブカル速報
あんまよくわからないんだが結局エレン達壁内の奴らとマーレ国の奴らってどっちが悪なの

49: サブカル速報
>>49
壁の中も外も同じなんだよ

55: サブカル速報
>>49
どっちも悪いことしてる

56: サブカル速報
ライナーは悪くないよ
あの世界の時代や環境が悪い

57: サブカル速報
>>57
違う…違うんだエレン!

66: サブカル速報
ライナーとベルトルトが壁壊したのが悪い

58: サブカル速報
そりゃエレンの立場から誰とも知らんマーレ人の命とヒストリアの命やったらヒストリアとるわ

64: サブカル速報
ヒストリアは世界よりも目の前にいる人間を助けたい人間なんや
ヒストリアの気持ちも分かる

70: サブカル速報
マーレとパラディ島が絶滅しても中東連合とかヒズル国とか他の国おるんちゃうの?
人類滅亡しないやろ

110: サブカル速報
最終的に望み通り巨人になれるエルディア人を一匹残らずエレンが駆逐して終わるんやろな

116: サブカル速報
ヒストリアはアルミンに似てるからな
そりゃエレンさんが惚れないわけないよ

134: サブカル速報
赤ちゃんを抱っこしたヒストリア「エレンもうやめて」

140: サブカル速報
悪い子やからしゃーない

142: サブカル速報
そらエレンの味方だからな

157: サブカル速報
てかミカサって家族だからヒストリアよりワンランク上やん

160: サブカル速報
よく覚えてないんだがヒストリアって地ならし知ってたっけ
どういう経緯で知ったんや

167: サブカル速報
>>167
エレンがフロックとヒストリアには地ならしすることバラしてる

175: サブカル速報
>>167
エレンがヒストリアと密談してた

177: サブカル速報
地ならしで皆コロしにした後で巨人化しないよう人類を作れ変えてハッピーエンドや

174: サブカル速報
エルヴィンがいなくても壁外に興味を持つ奴がいる限り王政ってどのみち叛逆されてたよな

178: サブカル速報
ヒストリアとエレンが繋がってることって調査兵団の連中誰も知らんかったってことになってるけどそれでええの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました